Facebook Twitter PROCYON Youtube

光田康典 プロフィール

1972年1月21日生まれ。1992年スクウェア(現スクウェア・エニックス)入社、1995年『クロノ・トリガー』で作曲家デビュー。『ゼノギアス』等の作曲を担当した後、1998年に独立。フリーランスで活動後、2001年プロキオン・スタジオを設立し、同社の代表を務める。その後、『ゼノサーガ エピソードⅠ』ではロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、韓国MMORPGの『LIMEODYSSYE』ではチェコ・フィルハーモニー・コレギウム、『Soul Sacrifice』ではSkywalker Symphony Orchestraを起用するなど、海外でのオーケストラレコーディングを取り入れ話題となる。現在はテレビや映画、アニメ、ゲームなどジャンルにとらわれない多様な作曲をこなし、有名アーティストへの楽曲提供や人気急上昇中のヴォーカリスト、サラ・オレインの2ndアルバムプロデュースを行う傍ら、国内外のライブ出演や書籍の寄稿も積極的に行う。主な楽曲代表作に、『クロノ・クロス』『ソーマブリンガー』『新・光神話 パルテナの鏡』『SOUL SACRIFICE DELTA』NHKスペシャル『宇宙生中継 彗星大爆発 太陽系の謎』『イナズマイレブン1〜3』『黒執事Book of Circus』『Xenoblade2』『FINAL FANTASY XV Episode IGNIS』他多数。

Copyright © Yasunori Mitsuda All rights reserved.